郡山支店の不動産お役立ち情報コラム「建ぺい率・容積率の計算例」

  • 仙台
  • 郡山
  • 新潟
  • 長岡
  • 高崎
  • 松本・長野
  • 北陸・富山
  • 名古屋
  • 福岡
  • 熊本

郡山支店 スタッフコラム

コラム「建ぺい率・容積率の計算例」のサムネイル

建ぺい率・容積率の計算例

建ぺい率とは・・・建築しようとする敷地に対しての建築可能な面積割合です。

容積率とは・・・建築しようとする敷地に対しての建物の延床面積割合です。

建ぺい率は、敷地に対してどのくらいの広さで建築されているのか、容積率は敷地に対してどのくらいの大きさで建築されているのか、ということです。

土地100坪の敷地に、50坪の総二階建て(※)の建物が建っていれば、建ぺい率は25%で、容積率は50%です。(※総二階建て・・・一階の上に同じ大きさで二階の部分がある建物。ここでは、1階25坪・2階25坪となります。)

では、70坪の土地で、建ぺい率40%・容積率60%ではどのくらいの家が建つのでしょうか?

建ぺい率 70×0.4=28坪

容積率  70×0.6=42坪

上記の通りとなり、仮に1階を建ぺい率の限度いっぱいに建築すると、1階部分は28坪、全体の床面積の最大は42坪ですので、42坪-28坪=14坪となり、2階部分は14坪となります。

3階建てを考えるのであれば、各階それぞれを14坪とすることも可能です。

 

これらの制限は、住環境や防火の面を考えて設けられております。

また、その他の制限や緩和規定と組み合わさることにより、建物は建築されますので、実際には、限度いっぱいに建築することができないこともあります。

これらの割合が低い地域は、大きい建物や高い建物が建築されにくいところなのだという認識が良いかもしれません。

 

もちろん、購入する不動産物件が建ぺい率・容積率の違反をしているないかどうかの確認も必要となります。

新着リフォーム物件

もっと見る

中古物件購入の秘訣満載コラム

もっと見る
郡山支店へのご相談・お問い合わせ
郡山支店へのお電話 郡山支店へのお問い合わせ

営業時間 9:30〜18:30

熊本支店
松本・長野支店
高崎支店
郡山支店
仙台支店
長岡支店
新潟支店
福岡支店
名古屋支店
北陸支店・富山営業所
武蔵小杉営業所
リアルト・ハーツ東京本社
リセットハウス実績紹介
リセットハウス

リセットハウス

Copyright (c) 2013 株式会社リアルト・ハーツ. All rights reserved.
Web Produced by Easy Communications Inc.

  • トップページ
  • リセットハウスの魅力
  • 売りたい方へ
  • 買いたい方へ
  • Q&A
  • 会社概要
  • 求人情報
  • 資料請求
  • お問い合わせ

リセットハウスは株式会社リアルト・ハーツの中古住宅再生事業です。